住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業_新着情報

2020年10月5日

新型コロナウイルス感染症再拡大により「申請相談会」を中断しておりましたが、10月12日より再開いたします。
今回から対面での相談に加え、ZOOMを活用したオンライン相談も開始します。
詳しくは下記をご覧いただき、申込書とアンケートにご記入の上、お申し込みください。

申請相談会のご案内・申込書

2020年7月31日

令和2年度完了実績報告書の様式・記入例をアップしました。「申請方法」のページをご覧ください。

2020年7月27日

新たに「基本情報」のページを追加しました。本事業についてわかりやすくご紹介しておりますので、
こちらをご参照ください。

2020年7月17日

本事業のQ&A集をアップしました。「申請方法」のページ(5-3 Q&A集)をご覧ください。

2020年7月16日

新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加傾向にあることから、参加者・関係者の安全面を考え、
当面の間、申請相談会を中止いたします。ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業の公募概要

 高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度の創設など、民間賃貸住宅や空き家を活用した新たな住宅セーフティネット制度が2017年10月25日から始まりました。
 国土交通省は、住宅確保要配慮者向けの住宅を早期に確保し、その供給促進を図るため、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする場合の改修費を支援する「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」を創設し、公募を開始しています。

1.募集する事業の種類
 住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業
 【補助額】 専用住宅への改修工事
  専用住宅の整備に係る改修工事に要する費用の1/3以内の額 (補助限度額:50万円/戸)
  バリアフリー改修工事、耐震改修工事、共同居住用住居に用途変更するための改修工事、間取り変更工事、
  防火・消火対策工事又は子育て世帯対応改修工事を実施する場合、50万円/戸を加算

2.提出期間
 2020年5月29日(金)~ 2021年2月26日(金)消印有効

3.応募・交付申請方法
 交付申請方法については、交付申請要領をご覧ください。
 交付申請要領、および交付申請の際の申請書様式に関する資料は、
 本ホームページ(交付申請書等よりダウンロード)よりダウンロードしてご使用ください。

4.提出先
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-25 精和ビル5F
 スマートウェルネス住宅等推進事業室 宛

本事業のチラシ(事例入り)を作成しました

 住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業のチラシができました。実際に改修を行った住宅の写真なども掲載しておりますので、ご活用ください。
 チラシは大家さん向けと事業者さん向けの2種類あり、下記よりダウンロードできます。改修費補助についてまだご存知ない方もいらっしゃいますので、周囲の方々へぜひご案内ください。

大家さん向けチラシ   事業者さん向けチラシ