MENU

リショップナビの評判・口コミ!デメリット・メリットや使い方についても紹介

リショップナビ 評判

リショップナビは、厳しい審査を経て加盟した優良なリフォーム業者を、無料で紹介してくれるサービスです。これからリフォームをお考えの利用者とリフォーム業者をつなぐマッチングの役割を果たしてくれるリショップナビについて、主に利用者からの口コミをもとに良い評判・悪い評判について調べてみました。

ご自宅のリフォームをしたいと考えている人や、リフォーム業者選びに悩んでいるという人は、ぜひこの記事を参考にリショップナビの利用を検討してみてください。

この記事を簡潔にまとめると
リショップナビ
  • リショップナビでは厳正な審査を通過した業者のみ登録されている
  • リフォームの見積もりを一括で請求できる!
  • リショップナビは、1円でも安い業者を探したい方におすすめ
  • 忙しい人や初めてのリフォームならリショップナビの利用がおすすめ
目次

リショップナビとは?

「リショップナビ」の魅力
  • 厳しい審査をクリアしたリフォーム業者のみを紹介
  • カスタマーサポートによる親切丁寧なヒアリング
  • 口コミやリフォーム事例が確認できて安心

リショップナビはリフォームを検討している人とリフォーム業者をつなぐ、無料の一括見積もりサイトです。リショップナビでは条件を入力すると自分に合った優良リフォーム会社を複数紹介してもらえるので、リフォーム業者選びに迷っている人におすすめのサービスです。

リショップナビは「自分で何社も問い合わせるのは大変」という方にピッタリの見積もりサイトです。

リショップナビを通して見積もりを依頼すると、厳しい審査基準に合格した業者の見積もりを一度に比較できるため、自分で探すよりも手間やストレスなくリフォーム業者を決定できるでしょう。

リショップナビの審査基準とは
  • 過去の実績
  • 保証内容
  • お客様との要望にマッチしているか

リショップナビの良い口コミ・評判

リショップナビの良い口コミ・評判

リショップナビを利用してリフォーム会社を決定した人は、どういうところが決め手となったのでしょうか?

実際にリショップナビを利用した人の口コミをまとめました。「リショップナビで依頼して本当に大丈夫?」とお考えの方は、参考にしてみてください。

↓公式サイトでは、リアルタイムで投稿された口コミを紹介してくれる機能があります!

リショップ公式サイトでは、業者ごとの口コミを確認できます。よくある、良い口コミしか載っていないということはなく、きちんと低評価の口コミも掲載されてるので公正に業者を判断できるでしょう。

リショップナビの良い口コミまとめ
  • 安い業者が見つかった
  • 安心して業者に依頼できる
  • リショップナビの対応が良かった

【口コミ・評判①】安い業者が見つかった

リショップナビで一番多かった口コミは「安くリフォームできた」という費用に関することでした。やはり、少しでも安い業者で依頼したいという利用者の要望が一番多かったようです。

実際にどのような口コミがあったのか、詳しく見てみましょう。

LIXILアメージュZのトイレリフォームしました。フロアマットも取り替えてすべて込みで154000円でした。他の会社に見積もりしましたが20万かかると言われボッタクリに合わなくて良かったです(笑)イースマイルでリフォームしました!

引用:Googleの口コミ

床暖房の設置を検討し始め、マンションの管理会社系列のリフォーム会社に見積もりをしたところ、軽く100万円を超える概算を提示されたため、ネットを検索してリショップナビを見つけ、3社ご紹介いただいた。その他に自分でも1社見つけ、合計4社に見積もりを依頼したが、リショップナビに紹介いただいた工務店が一番定価価格かつ工事時期および期間が短かったため決定。ちなみに金額は上記リフォーム会社のほぼ半額でした(笑)

引用:Googleの口コミ

リショップナビで紹介された業者に依頼して、数万円から中には数十万もの差額が出たという方もいて、驚きです。リフォーム業界の相場は消費者には分かりにくいため、複数業者を比較していなければ最初に提示された金額で依頼してしまっていたかもしれませんね。

少しでも安い業者を見つけたい方は、リショップナビとは別の一括見積もり業者も利用して比較しましょう。

リフォームをなるべく安く依頼できれば、その分設備を最新のものにしたり、インテリアや内装を豪華にしたりすることができ、より満足度が高くなることでしょう。

【口コミ・評判②】安心して業者に依頼できる

業者に対する口コミ一覧
  • 信頼できる会社を紹介してもらえるから安心
  • 自分で詐欺業者を見極める必要がないので気が楽
  • 金額や要望、担当者などを見て自分の希望の会社が探せた

リフォーム業者選びにおいては、安かろう悪かろうのパターンも心配のひとつです。安くても手抜き工事ではあとから再工事が必要になって逆に高くつくことにもなりかねません。

信用できる業者かどうかは工事が終わるまで分からないものですが、リショップナビを通すことで信頼できる業者であることが保証されているのが良かったという声も多かったです。

リショップナビに要望を出してからの見積もりなので話が速く、また、信頼できる会社を紹介してもらえるので、とても安心でした。途中に第三者が入る良さを感じました。

引用:Googleの口コミ

リフォーム内容と要望金額を考慮した上で、適切な施工会社を提供して頂けました。 TOTOショウルームを見学して、現物を見て、詳細仕様を固めることが出来たのも良かったです。

引用:Googleの口コミ

相場より高い金額を提示してくる悪質な業者と優良な業者の区別も、消費者には見極めが難しいのではないでしょうか。

リショップナビを通すことで初めから、悪質業者をふるいにかけるため安心してリフォーム業者を選択できますよ。

【口コミ・評判③】リショップナビの対応が良かった

対応に対する口コミ一覧
  • 見積もり依頼からの対応がとても早かった
  • 電話やメールなど希望の方法でやり取りができてよかった
  • 業者の返答スピードが速く丁寧だった

リフォームというのは大事な自宅を任せることになるので、依頼する前は不安になる人が多いのではないでしょうか。リショップナビでは困った時にすぐに対応してもらえると好評です。

リフォームに対する不安を感じている方には大変心強いですね。

大変対応が速く、電話で対応してくださりメールでの面倒な対応が無く助かりました。

引用:Googleの口コミ

洗面台を新設する際、とても良い業者さん(長沼水道)を紹介していただきましました! 困ったことがあった時にメールで問い合わせをしましたが、返答が早く丁寧でとても良かったです。

引用:Googleの口コミ

リショップナビを利用してみて、対応が良かったとの声も多く聞かれました。リショップナビで自分に合ったリフォーム業者を選ぶ際に、リフォームへの不安や不明点も確認できます。

業者との契約前に、疑問点は全て聞いて解決しておきましょう。

リショップナビの悪い口コミ・評判

リショップナビの悪い口コミ・評判

リショップナビの良い口コミや評判がある一方、悪い口コミもいくつか見受けられました。リショップナビについて、どのような悪い口コミがあったのかをまとめてみましたので、これから依頼する方の参考になればと思います。

リショップナビの悪い口コミまとめ
  • 業者からの連絡が来なかった
  • 希望していた数より実際の紹介が少なかった

結局連絡も来ず、時間を無駄にしました。

もうちょっと業者の選定をちゃんとやった方がいいと思います。

引用:Googleの口コミ

リフォーム業者紹介、5件も必要ないので、3件ほど紹介して欲しいとお願いしたところ紹介メールがきたのは1件のみ。しかもその業者は現地に来る前にメールで断られました。結果ゼロ件。同じ案件でも他社さんでは3社紹介してもらえました。電話対応は別に悪くなかったので★2で。

引用:Googleの口コミ

紹介してもらった会社からの連絡が遅い。かけ直すと言ってかけ直して来ない。まったく信用出来ません

引用:Googleの口コミ

多かったのが「業者から連絡が遅い、連絡が来なかった」という口コミでした。リショップナビに登録している業者は厳しい審査を経て選定されていますが、中には忙しいのか連絡が遅くなる業者も混じっているようです。

また、思っていたよりも少ない数の業者しか紹介してもらえなかったという口コミもありました。リショップナビの電話応対は悪くなかったとのことですが、実際に利用する前に利用者の生の声を確認することは、必ずやっておいた方がいいでしょう。

リショップナビのデメリット

リショップナビのデメリット

リフォームの際にリショップナビを利用するデメリットは、どのようなことがあるのかまとめてみました。メリットとデメリットを両方検討してから、リショップナビを利用するかどうか決めるようにしましょう。

リショップナビのデメリットとは
  • 紹介される業者の中から自分で選ぶのが難しい
  • 電話やメールでの連絡が多くなり煩わしい

リショップナビを利用してリフォーム業者を紹介してもらうと、たくさんの業者を紹介されることがあります。紹介後は業者と利用者の直接のやり取りになるため、しばらくの間は業者とのメールや電話のやり取りが多くなります。

ひとつの業者に絞り込むまでは、複数の業者とのやり取りをすることになります。どうしてもメールや電話が多くなり面倒くさいと感じる方はいるかもしれません。

リフォーム業者からの見積もりが出そろった時点でどの業者にするのかを選ばないといけませんが、価格で決めるのか電話での対応やアフターサービスで決めるのかなど、自分なりの選定基準を事前に考えておきましょう。

もちろん、自宅のリフォームは費用も数十万~数百万単位でかかる上に、その後の生活の質を大きく左右することになるため、慎重に選ばないといけません。多くのリフォーム業者を紹介してもらえる代わりに、決定に時間と手間がかかってしまうというのは、メリットでもありデメリットでもあると言えるでしょう。

同じ業者から何度も連絡がかかってくるときは、今後連絡をしないでほしい旨を伝えることで次回以降の電話を防げます。

リショップナビを利用するメリット

リショップナビを利用するメリット

先にリショップナビを利用するデメリットについて説明しましたが、リショップナビを利用するメリットもたくさんあるのが事実です。本章では、リショップナビを利用することで、どのようなメリットがあるのかを調べてみました。

リショップナビを利用するメリットとは
  • 自分で業者を探す手間が省ける
  • 万が一のための返還保証制度がある
  • 担当者がつくため相談など気軽にできる
  • 悪徳業者へ依頼するリスクがない
  • 平均3社から見積もりを取れる

メリット1. 自分で業者を探す手間が省ける

自宅をリフォームしたいと思ったときに、一番の悩みが「リフォーム業者をどこにするか」ではないでしょうか。

親戚や友人からの紹介というのもよくあるパターンですが、リフォームする場所や掛けられる費用などによりリフォーム業者の向き不向きなどもあるため、他の人が良いと言っている業者が必ずしも自分にとっても良い業者とは限りません

リショップナビのように第三者の立場から客観的に自分に合ったリフォーム業者を選んでもらうと、自分で業者を探す手間が省けて大変便利です。

リフォーム業者にも得意な分野と不得意な分野がありますので、リショップナビでマッチングしてもらうことで、より自分の希望に沿ったリフォーム業者を選べるでしょう。

メリット2. 万が一のための返還保証制度がある

リフォーム業者の中には、物価高による資材の高騰や人件費の高騰、職人不足などでやむなく倒産してしまう業者もあります。自分が依頼しているリフォーム会社がもし倒産してしまったらと考えると、不安しかありませんよね。

リショップナビでは、リフォーム業者の倒産という万が一の事態に備えて、前払金の返還・代わりのリフォーム業者を紹介といった「リショップナビ安心保証」制度が準備されています。

リショップナビの返還保証制度により、最後まで確実にリフォームが完了することが約束されていますので、安心してお任せできるでしょう。

メリット3. 担当者がつくため相談など気軽にできる

リショップナビで見積りの依頼をすると、遅くとも翌日中にはカスタマーサポートのコンシェルジュから電話で連絡が来ます。見積もりの内容からどのようなリフォームを希望しているのかをヒアリング後、希望に沿ったリフォーム業者を紹介してもらえるような仕組みです。

コンシェルジュとの電話のやり取りで、リフォームに関する不明点や疑問、業者への要望なども聞いてもらえます。リフォームが初めての方は特に、疑問点が多くあると思います。コンシェルジュに何でも聞いて確認しましょう。

コンシェルジュのサポート内容
  • リフォーム内容の相談
  • ピッタリの会社の提案
  • 業社への「お断り対応」や「追加見積もり依頼」

メリット4. 悪徳業者へ依頼するリスクがない

リフォームは表から見えない部分も多いことから、手抜き工事や安い材料を使うなど、リフォーム業界に悪質な業者が存在することも事実です。

リショップナビでは、加盟するリフォーム業者を資格・過去の実績や保証などで厳しく審査しています。口コミなどの評判だけでは分からないところも、リショップナビでプロの目から見て審査してくれているので、安心して依頼できるでしょう。

メリット5. 平均3社から見積もりを取れる

リショップナビを利用すると、平均3社のリフォーム業者から見積もりを取れるシステムになっています。複数の業者から見積もりを取ることでだいたいの費用相場が分かり、必要な工事を比較して検討できるのがリショップナビを利用するメリットの一つです。

住宅のリフォームは、キッチン・トイレ・居住スペースなどリフォームする場所や内容・築年数などで料金が様々になるため、定価は決まっていません。また、リフォーム業者によって設備を入手するルートなどに得意不得意があり、同じ設備を希望していてもリフォーム業者によって費用が違うというのはよくあることです。

リフォーム会社が違うだけで、価格としては数十万円変わってくることもザラ。リショップナビの比較機能で優良かつコスパの良い業者を見つけやすいです。

リショップナビを利用しなるべく多くの業者から見積もりを取ることで、リフォーム経験のない人でも適切な費用を判断でき、選ぶべき業者が分かるようになるのが大きなメリットと言えるでしょう。

リショップナビの賢い使い方・活用方法

リショップナビの賢い使い方・活用方法

数々のメリットがあるリショップナビですが、賢く使うことによってさらにお得で効率よくリフォーム業者を見つけられます。本章では、リショップナビの賢い使い方を詳しく分析してみましょう。

賢い使い方をご紹介
  • リショップナビの詳しい使い方手順を解説
  • 知っておくと便利なリショップナビの利用方法
  • 検討段階から成立までの流れが分かる

本章では、リショップナビの詳しい使い方や手順について解説しています。リショップナビを利用する際にどのような流れで成立に向かうのかを知っておくことで、スムーズに手続きを進められるでしょう。

STEP
リフォームを検討している物件の種類を選ぶ

まずリショップナビのWEBサイト内にある「リフォーム会社一括見積り依頼」ボタンから、リフォームを検討している物件の種類(一戸建てor集合住宅or店舗)を選びます。

STEP
郵便番号と電話番号を入力する

リフォーム希望の物件の郵便番号と電話番号を入力します。リショップナビに加盟しているリフォーム業者の中から、お近くの業者を厳選して紹介します。

STEP
事務局からの確認の電話を受け取る

リショップナビ事務局のコンシェルジュより電話がかかってきますので、対応ください。ご自宅のどの部分をどのようにリフォームしたいのかを詳しく聞いて、希望にマッチする業者をご紹介します。

STEP
現地調査を依頼する

リショップナビが紹介する業者の中から数社を選んで現地調査を依頼してください。実際に現場を見に来た業者の説明や接客対応などを見て、フィーリングの合いそうな業者を選ぶのがポイントです。

見積もりの価格も大事ですが、現地調査で実際に会った担当者の第一印象が、リフォーム業者の会社のカラーを表していることは意外とあることです。ぜひリフォーム業者を決める際には、担当者の印象や人柄も考慮に入れて、判断するようにしましょう。

STEP
相談&契約成立

現地調査に来たリフォーム業者の中から、リフォームを依頼する業者を1社選び契約します。契約までの間にご不明な点や不安な部分がありましたら、コンシェルジュに遠慮なく相談しましょう。

リショップナビに関するよくある質問

リショップナビに関するよくある質問

本章ではリショップナビに関するよくある質問についてまとめてみました。これからリショップナビを利用してみようとお考えの方は、是非参考にしてみてください。

よくある質問一覧
  • リショップナビと他の一括検索サイトの違いは?
  • リショップナビの利用がおすすめの人は?
  • リショップナビはしつこい営業がある?

リショップナビと他の一括検索サイトの違いは?

一番の違いは、登録業社の多さです。リショップナビでは、2024年2月現在で全国4,000社以上の業者が登録しています。業者ごとのリアルな口コミも確認でき、コンシェルジュと相談しながら希望の業者を決定できるので、リフォームが初めての方にもおすすめできます。

リショップナビの利用がおすすめの人は?

・一人で業者を決めれない
・予算以内でどうにかリフォームを終わらせたい
・複数社の中からじっくり選んで決めたい
という方に特におすすめです。

無料のコンシェルジュサービスを利用すればリフォームが初めての方でも、納得しながら進められることでしょう。

リショップナビはしつこい営業がある?

リショップナビに加盟しているリフォーム業者は、しつこい営業や強引な勧誘などは行っておりません。万が一リフォーム業者とのやり取りで問題があった場合、カスタマーサポートにご連絡いただけるとすぐに対応してもらえるでしょう。

【まとめ】リショップナビは業者の比較検討におすすめ!

自宅のリフォームを検討しているならば、リショップナビを利用することで複数の業者に一度に見積もりを取れて、安くて信頼できる業者にリフォームを依頼できると分かりました。これまでは、自分で何度も電話したりメールしたりする必要があったリフォーム業者選びが、こんなに手軽に効率よくできるようになっているとは驚きです。

これから自宅のリフォームを考えている方は、リショップナビを上手に活用して、後悔のないリフォームを実現させましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次